自分方位研究所

日々の活動記録

読書

いつも日記ですが今日は本当に日記です

6時30分起床。朝刊を取ってきて、ストレッチ10分間。7時17分。机に向かう。ルイボスティーと豆乳。いつもより豆乳少なめにしたら、まろやかさが足りない。先ずは朝刊読み。そして洗濯1回目を開始。 8時。イブ2錠服用。頭痛がひどくなってきた。 その後、年賀…

いしかわゆき著「書く習慣」を読んで、ブログ投稿の心理的ハードルが、グッと下がりました。

いつも見に来ていただいている方は、お気づきかもしれませんが、ここ何週間か、このブログに、(作成中)・・・で放置する記事が無いと思いませんか? (知らんがな) それは、この本、いしかわゆき著「書く習慣」のおかげなのです。(って言ったとたんに「作成…

ガボール・アイ 継続中

2019年1月から始めた視力回復トレーニングのガボール・アイ。やったりやらなかったりを経て、1週間ほど前から、また毎日やり始めました。他の視力回復トレーニングと組み合わせて1回3分を1日10回 (目標)。タイマーをセットして100分毎に実施します。 このト…

「大逆転合格する人だけが知っている秘密の習慣」を読む

(作成中) 大学受験塾ミスターステップアップの講師陣が執筆。 志望校合格のための、精神面、身体面、技術面など、受験生活全般に渡ってのノウハウが語られています。

家計簿と暦と風水手帳

来年用に毎年決まって買うものがあります。 ほぼ日手帳 明るい暮らしの家計簿 神宮館の暦 Dr.コパの風水手帳 毎年、買う順番は決めており、9月に入ってすぐに「ほぼ日手帳」を注文し、「Dr.コパの風水手帳」「明るい暮らしの家計簿」の発売を待って、「神宮…

郵便局へ行くついでに散歩と図書館

郵便局へ行く用事があったので、そのついでに散歩。昨日は、せっかく着替えてさあ出発!とドアを開けると雨が降り出していました。少し前に確認した雨雲レーダーでは、「1時間後に雨が降ります」だったので、ちゃちゃっと30分ほど歩いてこようと支度を始…

石井貴士 著「やってはいけない英語勉強法」を読む

2022年度第2回実用英語技能検定まで、あと24日と迫りました。コロナ感染が本試験と重ならなくて本当に良かった!・・・と安心するのは早いですね。用心しないといけません。 コロナ感染による体調不良もようやくおさまり、単語帳もガンガン行くぞとやっては…

多良 美智子著「87歳、古い団地で愉しむ ひとりの暮らし」を読む

本屋に平積みしてあるのを、数か月前に発見。すぐに図書館で予約を入れ、ようやく順番が回ってきました。 本の題名通り、87歳ひとり暮らしの日常が綴られています。 題名もいいです。独りではなく、ひとり暮らし。 「独居老人」と言ってしまえば、仲間も無く…

斎藤 兆史著 英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語

(作成中) 昨日紹介した 『日本の「英文法」ができるまで』を読んで、そうだ、あの本!と思い出したのが、同じ齋藤つながりですが、斎藤 兆史著 「英語達人列伝―あっぱれ、日本人の英語」(初版2000年 中公新書)です。

齋藤浩一著 日本の「英文法」ができるまで

図書館にて英検対策に役立てられそうな英文法の本がないかなぁと書架を眺めていると、題名に「英文法」が含まれる本書を見つけました。今年の5月に発行されたばかりです。英文法をわかりやすく解説してくれる本なのかな?と手に取ってみると、表紙がアンテ…

『東大「ずる勉」英語』を読む

英検第2回試験まであと48日と迫りました。 この時期になってまたかい? 藁をもすがる気持ちで手に取った『東大「ずる勉」英語』。何かとてつもないことを教えてくれるのではないかと期待に胸を膨らませつつ読み進めていきました。 内容は、著者東大院生のた…

大杉潤 著「定年ひとり起業」を読む

退職してから丸4年が経過しました。定職に付かず、無職ぶらぶら状態で4年というわけです。 そのうち何とかなるさと気楽にしていましたが、一向にそのうちは来ず、退職金を食いつぶしている毎日で、このままでは近い将来、資金も枯渇してしまうのは確実。一生…

工藤紘実著「同時通訳者の英単語暗記メソッド111」を読む

一冊丸ごと英単語暗記のアイデア集(111アイデア収録)です。 私のような英検2級の合格を目指している者にも使えるのかと、目次を眺めてみると、洗濯物を畳みながら覚える、シャワーを浴びながら覚える・・・など、わずかな時間も単語暗記に使うという、心構…

中村 光秀著「TOEIC300点から同時通訳者になった僕の英語学習法」を読む(続き)

昨日は第一章「TOEIC300点第から通訳者になるまでの軌跡」についてご紹介しました。きょうは第二章以降の英語学習法に関する内容について見ていきます。 TOEIC300点台から・・・という題名なので、学習方法もそのレベルからの手順を教えてくれるのかと期待し…

中村 光秀著「TOEIC300点から同時通訳者になった僕の英語学習法」を読む

インパクトのある題名です。同時通訳者というと難易度が相当高い職業だと思うのですが、それがTOEIC300点からのスタートということで、一体どんな勉強をやったのだろうと興味がわいてきます。 市の図書館では置いてなくて、近隣図書館から取り寄せてもらいま…

「物語を作る人のための世界観設定ノート」を読む

久しぶりに英検と関係の無い本を図書館にて借りてきました。 その昔、アドベンチャーゲームブックが好きで、ゲームブック全盛期の頃は、お気に入りのシリーズで新刊が出るたびに購入していたものでした。 先日、今も売っているのかなぁとネット情報を見てお…

「英検分野別ターゲット英検2級単語・熟語問題 改訂版」を使い始める

英検2級対策。本書は、リーディングの最初の20問。短文の語句空所補充問題専用の問題集です。この7月に発行されたばかり。全500問が収録されています。過去問ではなくオリジナル問題。 旧版の分野別ターゲット語彙・イディオムよりも価格は高くなっています…

「安武内ひろしのこれだけっ!自由英作文 大原則編」を英検2級のライティング対策として利用する。

英作文がからきし駄目な私が、これで駄目ならもう諦めるしかないかもと思えるワークブックにめぐり合えたので紹介します。 英検2級は80文字から100文字で論述式の英作文を書いていくわけですが、本書は60文字から80文字程度の意見論述式の英作文が書けること…

「1分間英語勉強法」を読む

1分間シリーズでお馴染みの石井貴士氏の2011年末の著作です。 英語の勉強に特化したもの。これは図書館で借りてきたのですが、過去に読んだ本のリストの中に入っておりました。2015年1月1日、初詣の帰りに、元旦から営業している本屋さんで「1分間英単語1600…

平野啓一郎 著「ある男」を読む

「ある男」と再婚した女性。その夫が仕事中に事故で死亡した。しかし死亡した夫は、その名前とはまったくの別人だったという話。結婚した相手は本当のところ誰だったのか?という謎を解いていく物語です。 どうして別人だとわかったのか?これは物語の最初の…

時が止まった本棚

はてなブログ。今週のお題「本棚の中身」 デスクまわり、お部屋のチャームポイントに続いて、本棚がお題に上がってきました。私が書ける数少ないお題ですので投稿させていただきます。 荒れ放題な見苦しい写真ばかりですので予めご了承ください。 さっそくで…

津村元司著「英語ライティングこれ一冊」

ライティングができず右往左往しているわけですが、昨年にこんな本を購入しておりました。 津村元司著「英語ライティングこれ一冊」 図書館で見つけて、一度借りて、その後購入したというものです。 この本をちゃんと仕上げていれば、今頃はライティングも少…

逢坂冬馬 著「同志少女よ、敵を撃て」を読む

今年2月に豊島晋作氏が「テレ東ワールドポリティクス」で、ウクライナ危機に関するロシア側の論理について解説されていました。その中で本書「同志少女よ、敵を撃て」についての紹介があり、それではと図書館に予約。ようやく順番が回ってきました。 本屋さ…

「英会話たったの90日」を読んでいた頃

本棚を眺めていると、こんなのが目に入りました。 松崎 博 著「英会話たったの90日」 1984年8月30日 初版発行 大和出版 750円 ISBN-8047-2055-3 C0282 奥付にメモしてある購入日は1984/9/13。 出版されてすぐ購入しています。本屋の英語書籍売り場に積まれ…

図書館本返却。未読もあり。

2週間前。読めればいいかなと借りてきた7冊の本。結局読めたのは2冊と半分。遠い図書館だったのでまとめて借りたのですが、時間切れで本日返却。 だいたい返却間際になってあわてて読み出し、借りた本のうち何冊かは読まずじまいで返却というのがいつものパ…

東大生が選んだ「英語」勉強法 を読む。

英検試験も目前に迫り、今更勉強法でも無いだろうとは思うものの、少しでも今より効率的な方法は無いものかとキョロキョロしています。こんなん読んでいる時間があったら単語覚えた方が良いのはわかっているつもりなのですが・・・ 東大生が選んだ「英語」勉…

1年ぶりの遠方図書館

普段はなかなか行けない(と言っても自転車で30分くらい)の図書館に1年ぶりに行ってきました。隣接市の図書館です。 本日は歯医者さんに行くついでに立ち寄り。朝からずっと雨なので自転車はあきらめ、クルマで出動。クルマでも30分かかりました。 帰宅してか…

「人生が爽やかに変わる時間術」を読む

(作成中)

久しぶりに図書館で書評を借りる

先日、返却期日が迫った本を散歩のついでに返却ということで、借りる本を決めずに図書館に行き、書架をぶらぶら眺めておりました。 土曜の午後。我が市の中央図書館。もっと人がいてもよさそうなのにガランとしていて、平日の閉館間際のような静けさ。本を読…

「完全版 ExcelVBAのスキルを実務で活かし切るための本」を読む

つい先日「実務で使えるExcel VBAプログラミング作法」という本を読んだばかりですが、また新たな「Excel VBAプログラミング作法」に関する本を見つけました。 それが今日ご紹介する、永井 雅明著「完全版 ExcelVBAのスキルを実務で活かし切るための本」です…