自分方位研究所

日々の活動記録

豆乳のアルミ付き紙容器をリサイクル

「テトラパックリサイクル便」を利用して、テトラパック社製のアルミ付き紙容器をリサイクルします。

近所に、アルミ付き紙容器のリサイクル拠点が無いので、「テトラパックリサイクル便」を使って、リサイクルします。

 

豆乳の紙パックが、たまってきました。専用回収箱は既に取り寄せ済みなので、詰めて送ることにします。

ラックの上に積み重なっているのが、豆乳のアルミ付き紙パックです。

f:id:k-emu:20220330225419j:plain

このままでは入らないので、カッターナイフで縦に切ります。

f:id:k-emu:20220330225423j:plain

バーコードは切り取って、プレゼントなどがあるときに使用します。

f:id:k-emu:20220330225426j:plain

専用回収ボックス。会員登録して、申請すれば無料で送られてきます。

f:id:k-emu:20220330225429j:plain

開いて、ボックス状に組み立てます。

f:id:k-emu:20220330225433j:plain

切り開いた豆乳容器を入れます。
ギューギューに押し込み、なるべく沢山入れます。

ただ、入れすぎると、フタが閉まらなかったり、輸送中にフタが開いてしまったりする恐れがあるので、注意します。

f:id:k-emu:20220330225439j:plain

フタをして。

f:id:k-emu:20220330225442j:plain

クラフトテープで封をします。

全部は入りませんでした。また回収容器を申請します。

f:id:k-emu:20220330225445j:plain

あとはこの箱を郵便局に持っていきます。
着払いなので、送料はかかりません。