自分方位研究所

日々の活動記録

Windows10で MP3 CDを作成する

今まで私のジムニーでのカーステレオでは一般の音楽CD(CD-DA)しか再生できませんでしたが、新しく取り替えた カーオーディオではMP3 やWMA,WAV,AACが再生できるというので、少しでも1枚のCDに多くの曲を詰め込みたいため、MP3にてCDを作成することにしました。

 

書き込み用の空きディスクをPCに挿入すると、用途を聞いてきます。
ディスクのタイトルは、初期値は今日の日付が入っています。日/月/西暦順。「USBフラッシュドライブ」が選択されています。

 f:id:k-emu:20190629115139j:plain

ディスクのタイトルが日付では味気ないので中身がわかるような名前にします。
そして、オーディオ用CDを作成するので、「CD/DVD プレーヤで使用する」にチェックを入れます。普通のオーディオCD(CD-DA形式)か、MP3などの圧縮形式かは、このあとでさらに選択します。

f:id:k-emu:20190629191046j:plain
設定したら、「次へ」ボタンをクリック。
f:id:k-emu:20190629205223j:plain

 書き込み用空きディスクの入っているフォルダが表示されるので、このフォルダに、MP3等の音楽データをドラッグ&ドロップで貼り付けていきます。

 

貼り付け前に一点、注意です。
コピーしたい曲の情報「アルバム名」「アーティスト名」等がちゃんと入っているか確認します。もし入っていないと、曲を選択するときに大変不便です。聴いてみないと、曲の種別が判断できないことに・・・

確認方法は、曲名上マウスカーソルを右クリック。一番下の「プロパティ」を選択します。

f:id:k-emu:20190629212321j:plain

プロパティが開いたら、「詳細」タブを選択。
この中で、「参加アーティスト」または「アルバムのアーティスト」。そして、「アルバム」に値が入っているかを確認します。

再生機器にもよりますが、これらに値が入っていた方がいいと思います。

f:id:k-emu:20190629212610j:plain

「参加アーティスト」は、一つの曲に複数のアーティストが参加している場合。「アルバムのアーティスト」は、そのアルバムの主たるアーティストの名前です。そのアルバムが1名のアーティストだけで作成されている場合、「参加アーティスト」にそのアーティストの名前が入っており、「アルバムのアーティスト」欄は空欄になっていることが多いです。

「アルバム」は、そのアルバムのアルバム名。これが同じ曲は、同じアルバムに収録されていると認識されます。

 

というようなことを確認して、OKならコピーしていきます。

 

貼り付け(コピー)最中には、このように進行状況が表示されます。

 f:id:k-emu:20190629205513j:plain

 

貼り付け終わったら、ドライブアイコンにマウスカーソルを合わせ、右クリックして、メニューを表示し、「ディスクに書き込む」を選択します。

f:id:k-emu:20190629210458j:plain

 

ディスクへの書き込み速度設定が出てきます。ここは、使っている環境で選択値が色々変わると思います。私の場合デフォルト値は「24x」になっています。使用するメディアと相談ですが、このままでいいと思います。

f:id:k-emu:20190629195002j:plain
設定したら、「次へ」ボタンをクリック。

 

普通のオーディオ用CDを作成するのか、MP3などの圧縮データ用CDを作成るのかのを選択します。今回はMP3で作成したいので「データCDを作成する(コンピューターおよび一部のCDプレーヤー用)」を選択します。

f:id:k-emu:20190629200152j:plain
設定したら、「次へ」ボタンをクリック。

 

 ディスクへの書き込み状況が表示されます。

f:id:k-emu:20190629210809j:plain

 

完了したことを知らせる表示が出ます。

f:id:k-emu:20190629210852j:plain

同じディスクをもう一枚作成するのでなければ、チェック入れずに「完了」ボタンをクリックします。 これで完了。焼き上がりました。