自分方位研究所

日々の活動記録

トイレタンク水漏れ修理。フロートゴム玉の交換

型名を調べて、フロートゴム玉を買ってきました。さっそく古いのと交換します。

買ってきたのは、サイズ大の方。


最初、ゴム玉とチェーンは分離しているので、これを接続します。

まったく関係ありませんが、この丸い形が1970年開催の大阪万博、タイムカプセルに似ている気がします。

panasonic.co.jp

 

ゴム玉には詳細は取説が付いています。

トイレタンクの底からゴム玉を取り外そうとすると、その直上にストッパーに当たってしまいどうやって取るのか悩んでしまいます。

ゴム玉に付いているプラスチックの棒を曲げてストッパーに当たらないようにして取り外します。折れないから大丈夫。

新しいゴム玉にチェーンを取付けました。

新旧ゴム玉を並べてみました。左の濡れているゴム玉が古い方。30年水に浸かっていましたが、ステンレス製なのか傷みはありません。

ただ、ゴム玉本体は、触ると真っ黒になります。ゴムが劣化しているためです。

最初、この黒いのを拭き取ってきれいにしたところ、余計に水漏れが激しくなりました。それで、今回の交換になったわけです。


下部には穴が空いています。穴の周囲の形状が少し違います。

チェーンの長さは同じくらい。


チェーン部分拡大図。左が古い方。

さて、取り外したときと同じようにして、新しいゴム玉を設置しました。ハンドル側にもチェーンの引っかけ完了。

止水栓を開いて注水開始。水が吹き出している蛇口みたいなのは、蓋をかぶせるとき、手洗い用の噴水に接続します。

満水になりました。ここで一旦水栓を閉めて水が注水されないようにします。

10分経過。ポタポタ音も無く水位が変化していないので、これでヨシとします。

フタを乗せて作業終了。

水道代が下がるのが楽しみです。