自分方位研究所

日々の活動記録

ゴミ出しルール啓発ポスター

マンション管理組合の仕事は色々ありますが、ゴミ出しルールが守られていないという苦情も受けることがあります。

うちのマンションは、ゴミステーションが小さく、全種類の分別カゴを置くスペースがありません。回収日に合ったゴミのみ出すというルールになっています。

どのようなルールが守られていないかというと、

・漬物石が出されている →回収不可
・回収日には出しているのだが、回収時刻に間に合わず、回収後に出している。
  →見れば回収後だということがわかりそうなものですが・・・
・プラスチックゴミ(資源ゴミ)の中に、紙、生ゴミが混ざっている
・分別はされてはいるものの、回収日で無い日に出されている。出しっぱなしにしておけば、いずれ回収日が来れば回収されるのだが、他のゴミの邪魔になる。
・有料の可燃物ゴミ袋に、新聞紙や雑誌の束が入れられ出されている。→有料ゴミ袋を使っているし、可燃物なのでルール的には問題ないが、どうせ出すなら、無料の「新聞/雑紙」の日に出せば 、お金がかからないし、ゴミが資源となる。

 

分別されないゴミは、管理員さんが、有料ごみ袋を購入(管理組合負担)し、分別しています。漬物石は、調べてみると、回収してくれる業者はあるのだが、回収に数千円かかる。 「回収できないので持ち帰ってください」との張り紙を現物に貼り付けると、翌日回収されていました。

 

詳細な分別ルールが、市からゴミカレンダーと共に各戸に配布されているので、それを参照していただくとして、管理組合としては、「ルールを守ってね」という注意喚起のみ貼り出すことにしました。

独り暮らしの高齢の方も多く、なるべく読んでもらえるよう、文字数少なく、フォント大きめで、注意を引くようにしました。

小学生に向けて書いているようで何だかなぁと思いましたが、仕方ありません。

 


貼り出してから数時間後に、仲の良い住民からメールがきました。

余計なお節介ですが、「管理人」ではなく「管理員」とされた方が良いと思います。

国交省の「標準管理委託契約書」で「管理員」という記載になっており、

うちのマンションの管理委託契約も「管理員」と記載されています。

私個人は、どちらでも良いと思うのですが、こだわる方もいると思いますので・・・

 

改めて、毎月管理会社から送られてくる「業務報告書」を確認してみると、確かに「管理員」と記載されています。「管理人」の文字はどこにも無し。

私自身は日頃から「管理人さん」と呼んでいたので、掲示物にも「管理人さん」と書いてしまいました。

もう40年来、「めぞん一刻」を引きずっています。(知らんがな)
(うちの管理員さんは男性ですが・・・)

 

そういう指摘があれば、書き換えておこうと、修正、印刷し、急いで貼り換えてきました。

 

以下ご参考まで。国交省の「マンション標準管理委託契約書」へのリンクです。

www.mlit.go.jp